検索
  • Atsushi Yokota

第3回筆文字コンクール


埼玉県の日本酒と御菓子のラベルの筆文字コンクール

その名を、書〈en〉展(事務局=株式会社リンクス)。

川越の河越抹茶で有名な株式会社十吉と、小江戸鏡山酒造の両社の協賛です。

作品展示、コンクールが無事終わりました。

数多くの作品が並べられ、多くの来場者が来ていただいて、

大盛況のうちに終わることができて、感無量です。


今回のラベル。私の書道家名を書きました。

世界にひとつだけの日本酒ラベル。

作品展後は、日本酒をいただけるんですが、

飲んでしまうのは、勿体無いと思ってしまう。

でも、埼玉県の銘酒、鏡山は飲みたいです。

やはり、祝いの時に栓を開けたいと思います。

手作りには、捨てるのは、勿体無いという感情が起こります。

機械で制作したら、また出来るんだからという思いから、有難味がない。

筆文字が似合う川越

川越には、昔ながらの建物と、伝統を守りながら作られる食べ物がある。

そんな場所だから、筆で書いた手書きの文字が似合う。

例えば、和菓子屋の看板や、蔵造りの暖簾のお店にも、手書きの文字が似合う。

お土産になりそうな、手作りのお菓子や、御蕎麦やお豆パッケージなども、

手作り風な文字で、癖のある文字が似合いそう。

そんな昔ながらの街で、いろいろな人と出会いながら、パッケージを書くお仕事がしたい。

それが目標です。

第3回筆文字コンクール

9/13(火)〜18(日)

東京銀座画廊・美術館

東京都中央区銀座2−7−18 銀座貿易ビル8階C室

抹茶ラテ 部門 【抹茶ラテ】

日本酒 部門 【鏡山】


#筆文字コンクール #川越 #東京銀座画廊 #美術館 #横田龍堂 #日本酒 #筆文字 #鏡山 #河越抹茶

0回の閲覧

Copyright (C) 2018 YOKOTA RYUDO. All Rights Reserved.