検索
  • Atsushi Yokota

待望の草間彌生美術館へ



草間彌生美術館 現代アーティスト草間彌生さんが、都内に美術館をオープンしてから、1年。女性にも人気、海外の方にも人気あり、世界的な現代アーティスト。水玉は持病の強迫観念から逃げるために制作されている!?たしかそのように記憶しております。ニューヨークでは、なかなか売れず、しかし今は日本を代表するアーティスト。不屈の精神を感じます。

この美術館は、敷地が狭いため、作品点数も少ないですが、各階にテーマを設けて展示されてるようで満足度はあります。 2階は暗い印象の作品群、モニター2つで、花と戯れる草間彌生さん。自分の体を花瓶に見立て活けて行く映像と言うべきか、摩訶不思議過ぎて面白い。 3階は巨大な作品群、明るい原色を使ったような空想画⁉︎鏡みたいなオブジェを覗くと未知なる世界が広がります。 4階は真っ暗な狭い鏡の世界。少ないかぼちゃを鏡で数十倍に見せる演出は感動です。 屋上は、金とピンクのタイル張りみたいなかぼちゃと、新宿区の風景を眺められて楽しめます。このかぼちゃは、草間彌生の渾身のかぼちゃではないでしょうか?太陽の光で様々に輝き、可愛らしい配色です。 #草間彌生 #現代アーティスト



#草間彌生 #現代アーティスト #美術館

2回の閲覧

Copyright (C) 2018 YOKOTA RYUDO. All Rights Reserved.