『一生に一度、いつか食べたいグルメ』

『一生に一度、いつか食べたいグルメ』

伝統的な日本建築で、ドラマで政治家が会食してるような料亭で

食べてみたい。そんな願望を抱いていたら、すごくイメージにあったお店を発見。

その名も、 登録有形文化財 会席料理  二木屋。

ホームページを拝見すると、いろいろなこだわりが伝わってきます。

 日本料理とは劇場だと思います。季節や行事に合わせ、室礼も、料理も、器も変えていく総合芸術です。 その座付作家が亭主、板前が演出家。役者はもちろん料理です。

ご飯は、戦後の農家で一大旋風を起こした国際籾殻竈(もみがらかまど)で炊き上げられ、

懐かしい本物の味らしいです。本物のご飯の味!?未だ未体験ですね、、、。

生麦酒は、備前焼で高密度でクリーミーな泡で、生ビールは美味しいらしい。

お肉は、『「のざき牛」ステーキは13,000円(税・サービス料別)のご会席からお出しし、他の会席は野崎さんが吟味した「鹿児島牛」を使用しています。よいお肉は何も飾りません。 塩コショウも、油もニンニクもバターも全ての調味料を使わず、スッピンの素焼きで勝負しています。』気になります。ゆだれが、、。

ホームページを読めば読むほど、食欲をそそりますね。

母の誕生日か、結婚式の二次会には、ぜひ行きたいです!!!

登録有形文化財 会席料理  二木屋

所在地: 〒338-0012 埼玉県さいたま市中央区大戸4−14−2

電話: 048-825-4777

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright (C) 2018 YOKOTA RYUDO. All Rights Reserved.